研究紀要 第9号 2004年3月

論説

  • ヨーロッパ人権裁判所判例動向 ― 私人の行為を契機として認定された国家の義務違反(中井 伊都子)
  • 難民法と人権法の交錯に関する若干の考察 (本間 浩)
  • 中世寺院社会における身分― 天台宗寺院の事例を中心に (下坂 守)
  • ロシアに渡った靴職人たち ― 第一次世界大戦からシベリア出兵期のロシアとの靴貿易について(前川 修)
  • 「国家」による人権教育の制度化の意義と課題 ― フィリピンの学校における人権教育を例として(阿久澤 麻理子)
  • 沖縄社会のジェンダー関係 ― 第1部・女性の共同支配の変容と産業化の過程(國信 潤子)

研究ノート

  • 京都市における在日韓国・朝鮮人教育の成立までの経過 ― 1981年「外国人教育の基本方針(試案)」策定の前史として(松下 佳弘)

史料紹介

  • 「吉祥院村庄屋文書」(上田 長生)
  • 「兵庫県史料」と明治初期兵庫県の被差別部落 (本郷 浩二)