研究紀要 第19号 2014年3月

論説

  • 安保理決議1325号と関連決議の実施を通じた「女性と平和・安全保障」の課題への取り組みの現状と課題(三輪 敦子)
  • 米州人権保障制度における国の人権保障義務の範囲 ― 領域外適用を基礎づける管轄の連関 ―(杉木 志帆)
  • 中世鞍馬寺における勧進聖の存在形態 (野地 秀俊)
  • 祭礼警固から先払いへ ― 神社祭礼と被差別民をめぐる予備的考察 ― (中野 洋平)
  • 17世紀における清水坂「犬神人」の基礎的考察 (村上 紀夫)
  • まちづくりにおけるエリアマネジメント導入過程の研究 ― 崇仁地域の事例から ― (山本 崇記)
  • 日本の帰化行政とインターネット情報の影響 ― 行政書士への調査を中心に― (李 洙任)
  • DV家庭で育つ子どもたち ― フェミニストカウンセリングの現場から― (井上 摩耶子 ・ 竹之下 雅代)
  • 「障害女性への複合差別」の政策課題化 ― 問題の可視化と当事者のエンパワメントに向けて ―(松波 めぐみ)

研究ノート

  • 滋賀県湖南・甲賀地方の在日コリアン(仲尾 宏)

史料紹介

  • 朝鮮総督府・定例局長会議について ― 15年戦争期を中心に ―(田中 隆一)

ARTICLE

  • The Universal Periodic Review: Between the Ideal and the Reality(坂元 茂樹)