研究員 紹介

氏名(ふりがな)

マーサ・メンセンディーク マーサ・メンセンディーク

職名

同志社大学社会学部社会福祉学科准教授

センター所属部・職

研究第4部 嘱託研究員

研究テーマ

・多文化社会における社会福祉

・移民・難民と社会福祉

・日本における人身取引の被害者支援

・女性に対する暴力(DVなど)

・人種差別問題

研究テーマ(キーワード)

移民・女性問題・難民

これまでの主な講演テーマ

  • (1) 「ヘイトスピーチについて考える」 2014年11月14日
  • (2) 「多文化家族と社会福祉実践」 2013年3月8日
  • (3) 「多文化社会における女性と子どもたち」 2013年10月20日
  • (4) 「社会福祉の原点とキリスト教」 2010年8月3日
  • (5) 『「排除」のない社会のためのソーシャルワーク』 2007年2月4日

研究実績

  • (1) 「平和とキリスト教と社会福祉 - そのラディカルな使命 - 」『キリスト教社会福祉学研究』49, pp. 7-15. 2017.
  • (2) 「2015年度学会回顧と展望-国際部門」マーサ メンセンディーク, 郭 芳『社会福祉学』57(3), pp.241-255、2016.
  • (3) 「2014年度学会回顧と展望―国際部門」『社会福祉学』56(3), pp.227-235、2015.
  • (4) 「2013年度学会回顧と展望:国際部門」『社会福祉学』 55 (3)、pp. 246-255、2014.
  • (5) “Human Trafficking in Japan”, Disciples World, 9 (1), pp. 18-20, 2010.
  • (6) Comafay,N. & Mensendiek, M. 「在日フィリピン人コミュニティの自助組織」『ソーシャルワーク研究』, 35(3), pp. 17-25、2009.
  • (7) “Women, migration and prostitution in Thailand”, International Social Work, 40 (2), pp. 163-176, 1997.
  • (8) “Migrant Women in Japan: A Look at Human Rights Issues and Implications for Social Work”, Japanese Society for the Study of Social Welfare, Number 1, October 1997.