研究員 紹介

氏名(ふりがな)

リングホーファー・マンフレッド リングホーファー・マンフレッド

職名

大阪産業大学国際学部教授

センター所属部・職

研究第3部 嘱託研究員

研究テーマ

・ブータン難民

・ドイツと日本の移民

・在日外国人

研究テーマ(キーワード)

移民・在日外国人・難民

これまでの主な講演テーマ

  • (1) 「隣人としての外国人—ドイツの実態と日本の実例から−」 2012年8月20日、神戸
  • (2) 「忘れられた難民—ブータンは本当に幸せな国?−」 2017年4月8日、大阪
  • (3) 「80歳になっても新しい言語を身につけることができる」 2017年6月10日、大阪

研究実績

  • (1) 「ブータン難民の歴史・現状・未来」、平和学論集IV(大阪産業大学産業研究所) 2010年3月  
  • (2) 「ブータン難民キャンプ使用の教科書とブータン国内使用の教科書比較」『ネパールにおけるマージャナルグループの教育様式の政治人類学的研究』 京都大学大学院教育学研究科、2007年3月 
  • (3) 「ブータン難民の帰国問題—平和的解決か可能かな?—」 平和学論集III(大阪産業大学産業研究所) 2005年3月
  • (4) 「ブータン難民の生活環境」『文化環境のスペクトル』 三修社、2004年
  • (5) その他、学会発表多数