研究員 紹介

氏名(ふりがな)

松波 めぐみ マツナミ メグミ

職名

龍谷大学他非常勤講師

センター所属部・職

登録チーム5  登録研究員

研究テーマ

・障害者の人権 (特に人権教育のあり方、女性障害者への複合差別)
・障害者差別解消法、障害者権利条約、合理的配慮
・マイノリティと教育  
・障害学(Disability Studies)

研究テーマ(キーワード)

ジェンダー・複合差別・障害者・障害者差別解消法・障害者権利条約

これまでの主な講演テーマ

(1) 「障害者差別解消法」と私たち~社会のバリアをなくしていくたために「合理的配慮」を~ (福知山市職員人権研修担当者研修) 2015年8月 

(2) 「同対審答申と障害者問題をとらえる視点~「障害の社会モデル」、障害者権利条約を通して~ (同和教育振興会全体学習会)2015年8月 

(3) 「障害者差別解消法」施行に向けて~ICT企業に期待される役割とは (NECソリューションイノベータ 人権トップ層研修) 2015年8月

(4) 女性障害者への「複合差別」の実態から考える~変えていくために何が必要か?~ (兵庫県庁主催セミナー) 2015年6月 

(5) 『障害のある人もない人もともに安心していきいきと暮らせる社会づくり条例(京都府)』の経験から学ぶべきこと (自立生活センター立川) 2015年6月

研究実績

(1)『障害のある先生たちー「障害」と「教員」が交錯する場所で』羽田野真帆、照山絢子、松波めぐみ編(共編著) 生活書院 2018年

(2) 『人権教育総合年表-同和教育から国際理解教育、生涯学習まで-』 上杉孝實、平沢安正、松波めぐみ編(共編著) 明石書店 2013年

(3) 「『障害者差別禁止法』以降の人権教育に向けて」『研究紀要』世界人権問題研究センター 第18号、 2013年

(4) 『ジェンダーの視点から学ぶ教育の現在』 古久保さくら他編 (共著) 解放出版社 2008年

(5) 「『障害者問題啓発』再考-『個人-社会モデル』『障害者役割』を手がかりとして」『部落解放研究』 151号、2003年