研究員 紹介

氏名(ふりがな)

田中 宏 タナカ ヒロシ

職名

一橋大学名誉教授

センター所属部・職

研究第3部 嘱託研究員

研究テーマ

・在日外国人をめぐる諸問題

・近現代における日本・アジア関係(史)論

・ポスト植民地問題

研究テーマ(キーワード)

国際人権・在日外国人・植民地主義

これまでの主な講演テーマ

  • (1) 子どもたちの問い「朝鮮人って悪いことなん?」にどう答える(2016.6)
  • (2) 高校無償化の「朝高」除外、何が問題なのか(2016.2) 
  • (3) 在日外国人の歴史と現在(2016.2) 
  • (4) 「ノーモア広島」と「ノーモア南京」ーその前後左右(2015.12)
  • (5) やはり問われる日本の歴史認識(2015.11)

研究実績

  • (1) 『在日外国人第3版』 岩波新書 2013年
  • (2) 『戦後責任』(共著) 岩波新書 2014年
  • (3) 「玄界灘をはさんで「EUの卵」が創れないか」『東アジアの多文化共生』明石書店 2017年
  • (4) 「日本人の戦争観・アジア観についての私的断想」『アジア太平洋研究センター年報』大阪経済法科大学、14号、2017年
  • (5) 「高校無償化からの朝鮮高校除外の問題に関する意見書」『共同研究 安重根と東洋平和』 明石書店 2017年