研究員 紹介

氏名(ふりがな)

山本 崇記 ヤマモト タカノリ

職名

静岡大学人文社会科学部准教授

センター所属部・職

研究第2部 嘱託研究員

研究テーマ

・同和問題(特に同和地区とまちづくり)

・差別論(特にヘイトスピーチ)

・多文化共生(特に外国人問題)

研究テーマ(キーワード)

在日外国人・同和対策事業・部落差別・ヘイトスピーチ

これまでの主な講演テーマ

  • (1) 「部落問題とヘイトスピーチ」(世界人権問題研究センター) (2015年2月)
  • (2) 「同和問題の今日的課題」(京都府人権問題特別研修 )(2015年2月)
  • (3) 「現代日本の排外主義を考える――京都朝鮮学校事件裁判を通して」(関西学院大学人権教育科目) (2014年12月)
  • (4) 「同和地区とまちづくり――京都市立芸術大学の移転とエリアマネジメントという試み」(龍谷大学経済学部) (2014年11月)
  • (5) 「同和問題の現在とこれから~気づきから行動へ~」(京都府人権教育指導者研修会Ⅱ) (2014年11月)

研究実績

  • (1) 「部落問題と差別規制の課題に関する予備的考察――ヘイトスピーチを中心に」『世界人権問題研究センター紀要』第20号 2015年7月
  • (2) 「まちづくりにおけるエリアマネジメント導入過程の研究――崇仁地域の事例から」 『世界人権問題研究センター紀要』第19号 2014年4月
  • (3) 「差別論の素描――部落差別を捉えるために」『奈良人権・部落解放研究所紀要』第32号 2014年3月
  • (4) 「地方自治体における多文化共生事業のポリティクス――京都市を事例に」『コリアンコミュニティ研究』第4号 2013年12月
  • (5) 「在日朝鮮人の居住と共同性――「不法占拠」という地平からの一考察」『コリアンディアスポラと東アジア社会』 2013年8月