研究紀要

タイトル

研究紀要 第23号(2018年3月)

論説

  • 被告人を入退廷時に手錠・腰縄で拘束する措置は人権侵害か? : 国際人権法からの考察 (北村 泰三)
  • 欧州人権条約の適用範囲を定める「管轄」概念 : その定義と「管轄の連関」構築要因 (杉木 志帆)
  • 京都・大津間の交通網整備と朝鮮人労働者 : 山科地区を中心に (高野 昭雄)
  • ヘイトスピーチに関する人種差別撤廃委員会審査とNGO (師岡 康子)
  • 韓国国家人権委員会における外国人人権侵害問題への対処とその問題点 (盧 相永)
  • 「公立学校的」存在としての朝鮮学校 : 愛知県朝鮮学校の新設・移転・統廃合 (中島 智子 , 呉 永鎬)
  • 人権としての成人教育 : 成人基礎教育保障の仕組み (上杉 孝實)
  • 日加経済連携協定「労働」の章への道程 : カナダ連邦政府・最高裁判決・自由貿易協定 (桑原 昌宏)
  • 企業の社会的責任と法 : 多様性(ダイバーシティ)を重視した働き方を中心に (河野 尚子)

史料紹介

  • 河原者の結縁史料 : 新発見の像内納入文書の紹介 (川嶋 將生)

Article

  • A Welfare Sociological Study of the Formation Process of the Post-War Japanese Model of Life Security : A Case Study of the Sumiyoshi Area of Osaka (YANO Ryo)

表紙

研究紀要 第23号(2018年3月)