研究員 紹介

氏名(ふりがな)

中川 理季 ナカガワ リキ

職名

世界人権問題研究センター研究員

センター所属部・職

プロジェクトチーム2  専任研究員

研究テーマ

同和地区の現状と現在の部落差別に関する研究

研究テーマ(キーワード)

同和対策事業・部落差別

これまでの主な講演テーマ

(1) 住民ニーズと〈隣保事業的実践〉/隣保事業——京都市T同和地区における市民団体の住民への支援に着目して(2021年9月)

(2 )同和地区における社会福祉事業をめぐる政治――京都市の隣保事業廃止に着目して(2020年11月)

(3) 現在の部落の「問題」と部落差別――支援者(隣保館等)・当事者・社会に着目して(2020年1月)

研究実績

(1) 中川理季,2022,特別措置法失効後(2002年〜)の同和問題と〈隣保事業的実践〉――京都市旧隣保館における指定管理者の活動と「隣保事業」の可能性(博士学位論文)

(2) 中川理季,2022,山本崇記著「住民運動と行政権力のエスノグラフィ――差別と住民主体をめぐる<京都論>」『人権問題研究』大阪市立大学人権問題研究センター,19,117-122.

(3) 中川理季,2021,「地域社会における問題解決のための隣保館への専門家支援――京都府による「「頼れる隣保館」づくりモデル事業」をふまえて」『ひょうご部落解放』ひょうご部落解放・人権研究所,179号,69-75.

(4) 中川理季,2020,「〈隣保事業的実践〉と住民交流」『研究紀要』世界人権問題研究センター,25号,101-109.

(5) 中川理季,2018,「日常的実践としての社会調査を通じた隣保館の構築」『グローブ』世界人権問題研究センター,No.94,10-11.